Return to site

ブログリレー⑧
岡田昂衛

みなさんこんばんわ。今回は普段ブログを担当している岡田君の番なので私、坂巻が担当します!!

いつもは他のゼミ員のブログをコーディネートしている岡田君なだけに今回はきっとクオリティの高いものになっていることでしょう。

岡田君かわいいですね。。

それではお願いします。

①自己紹介

15期入ゼミ係の岡田昂衛です。サークルは慶應キッカーズに所属しています。

いつもはブログリレーの進行をしているので、今回は進行を坂巻に頼みブログを書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

②谷口ゼミを選んだ理由

きっかけは、応用経営学でした。

ただこの時はまだ先生や内容といったところではなく14期の先輩がゼミ紹介を英語で行っているのを聞いて漠然と興味を抱きゼミ説などに行き始めたという感じです。

その後、ゼミ説やオープンゼミに足を運び、14期の人の良さ、優秀さに惹かれ、谷口ゼミで三田での2年間を過ごし成長したいと思いました。

また、谷口教授がおっしゃっていた「英語はツールにすぎない」という言葉も帰国の自分にとって考えさせられるもので、この教授のゼミに入り、言語以上の越境力を身に付けたいと思わせていただきました。

③谷口ゼミの魅力

ゼミの環境全てが魅力だと思います。

個性が多様で刺激的な面は他のゼミ員が書いてくれている通りで、価値観が変わるほど素晴らしい先輩方や同期に出会えました。

教授も間違いなく魅力の一つです。お若く優秀で、ゼミ員の考えを尊重してくださり、プレゼンのフィードバックも非常に的確なので、学ぶところが尽きません。

また、プレゼンや論文が基本的には個人のワークで評価が直接自分に返ってくることは自分の成長度合いが感じられやすいのでありがたいです。

④ゼミ内での個性

この質問自分からゼミ員に聞いておきながら難しいですね。笑

強いて言うなら常に周りを見ながら行動しているかなと思います。

あと入ゼミ活動に関してはゼミ内で一番関わっていると思っています。

⑤ESについて

志望動機に関しては、自分のビジョンを明確にし、なぜそのビジョンまでの過程に谷口ゼミが当てはまるのか、谷口ゼミでどのように活動したいのか、を今までの経験やゼミ説などで聞いた話と絡めながら書きました。

他の2つは、サークルの話、カナダの話をそれぞれでしながら何を思い、どう行動したのかを書き自分の強みにつなげました。

これらをいかに具体的に、そして矛盾なく一貫性を持たせながら書けるかが重要なポイントだと思います。

そのためにも書く際に自分のことを今一度考えてみるといいんじゃないでしょうか。

なぜそのビジョンがあるのか、そのビジョンを持ったきっかけは何なのか、自分の軸は何なのか。ESを見ながら面接をするということを意識すると自然と内容に深みが増し説得力があるものになるかと思います。

⑥2年生へ一言

自分の思っていることは結構ブログリレーの進行で書いちゃってるんでここでは簡潔に。

ゼミ試に関して、受かるかどうかは正直運や縁の要素もあると思います。自分もゼミ試を受けた後、これで受からなければ谷口ゼミと縁がなかったんだなと思うように割り切っていました。なので、ゼミ選びの段階で自分と合っているかを判断して、後悔ないように準備してください。

谷口ゼミを選んで間違いなかった人は受かる、はずです。笑

共に成長できる16期を迎えられることを楽しみにしています!

さすが岡田君ですね。

いつもブログを担当してくれている岡田君は実は入ゼミ係で、このブログの進行は彼が進んでやってくれているものです。

谷口ゼミのメンバーは彼のように自分の向上だけでなく、ゼミがどうすればよくなるかを考えています。2年間所属するゼミのことを入った後に考えることも非常に大切なことです。

16期となるみなさんにも是非ゼミそのもののクオリティ向上に協力してほしいと思います(^^)

以上、今回は坂巻がお届けしました!!

岡田君かわいいですね。。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly