Return to site

ブログリレー➃木鋪 万哉

こんにちは!18期の門田安奈です。
第4回ブログリレーを担当するのは皆さんお待ちかね、英語ディベート部に所属するスーパーロジカルな頭脳の持ち主、きしくかずや君です!それでは代表お願いしますー

あんなありがとう!
あんなは大学生女子っぽくておしゃれでキラキラしている18期の数少ない花の1人です。入ゼミ係を仕切ってくれてて個人的に助かってます。2年生の皆さんも何かあったらあんなに聞くと優しく教えてくれると思います。

1. 自己紹介
代表の木鋪 万哉(きしく かずや)です。名前の珍しさは日本トップレベルです。初見で読めた人は人生史上未だ1人もいません。
小学校のころはアメリカに住んでいて、中学受験してからずっと慶應の一貫校にいる内部生です。昔はテニスをやっていましたが最近はあまり運動してないので腕の細さと肌の白さには定評?があります。
大学では英語會というサークルの英語ディベート部門に所属しています。長期休暇中や放課後に日吉メディアで英語を高速で喋ってる人達がいたらそれはうちの団体です。温かい目で見守ってください。


2. 谷口ゼミを選んだ理由
個人プレゼンをする機会が多く、かつ1つの分野に囚われていないからです。やりたいプレゼンを自分で考えて発表できるのは自由度が高くていいなと思いました。グループじゃないので仕事の押し付け合いとかもなく、当事者意識を持ってやれるというのも性に合っていました。
また、他のゼミ員の興味を持った分野のプレゼンもたくさん聞けるため、自分自身のインプットにも役立つと感じました。実際に学んだ事を友人や社会人の方に話す機会があると、よく知っているねと驚かれたことが何度もあり、タメになったなと実感しました。そのためこれらの理由は入ってからも谷口ゼミの魅力だと感じています。

3. 谷口ゼミの魅力
上でも言った以外だと優秀な同期です。みんな自分にはないものを持っていたり、知らない知識を持っていて、素直にすごいなと思わされる事が多いです。
それだけだと他のゼミも似たような事を言ってると思われかねないのですが、決定的な違いは多様性にあると考えます。
谷口ゼミは多様性という考えを大切にしているため、様々なバックグラウンドを持つ人達が集まります。ゼミに入らなければ会うことも話すこともなかったであろう人達と切磋琢磨できる刺激的なゼミです。

4. 二年生へ
有名な教授のゼミに入りたい、友達と同じゼミがいい、先輩が可愛い、単位だけ欲しい…など各々のゼミ選びの価値観があると思いますし、それは自由だと思います。
しかし自分が大切にしている価値観と入りたいゼミが合っているかどうか、これはしっかりと確認した上で入ゼミ試験を受けた方がいいと思います。でないとゼミ試で落ちるか、3年になってから発覚して辛いことになるからです。
そうならないために相性を確かめるための場がオープンゼミや説明会ですので、参加した方がいいと思います。
そこでもし谷口ゼミと相性が合うな、入りたいなと思った方は是非、入ゼミ選考の場でお会いしたいと思います。

きしくんありがとうございました!!優秀揃いのこのゼミの中でも特に明晰さ抜群のきしくくんはなくてはならない存在です。経済学で言うところのまさに完全合理的な行動をする人です。たまにはハートフルになって欲しいな。人としての心を持ち合わせて欲しいな。とゼミ員一同願っております。

さて!次回はバイタリティの塊くぼたゆーだいくんです!仲間思いのあつーーーい漢なので感動的な投稿を期待していてください!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly