Return to site

ブログリレー⑦後藤大耀

こんにちは、前回ブログを書いた郡山創です。寒い日が続いていますが、体調管理に気をつけてくださいね。さて今回はパプアニューギニアという異国の地で生まれ、ゼミと体育会を文武両道にこなす後藤大耀くんです!張り切っていきましょう。

はじめまして!

18期・メディア係を担当している後藤大耀(ごとう たいよう)です。

幼少期はパプアニューギニアという世界を代表する先進国に3年ほど住んでいました。象使いの次はパプアニューギニア帰国と驚かせてしまいましたが、このゼミの多様性はまだまだ可能性に満ち溢れています。

普通部、塾高、商学部(體育會)とよく見る内部生をやっております。お勉強はお察しですね…。笑

趣味はサーフィンをしたり、カメラで写真を撮ったり、コーヒーが好きだからカフェで働いたりと自由気ままに生きている次第です。

谷口ゼミを選んだ理由

大きく分けて2つかなと思います。

1つ目はゼミのスタイルです。18期で唯一の體育會生の目線から話すと普段は練習を軸に生活していたり、9.10月に秋リーグがあったりする私にとって、個人ワークで進めていけることや三田論が無いことは非常にやりやすいです。人に大きな迷惑をかけずに、成長を実感できる環境なんて體育會生がゼミに入るとなるとなかなか見つからないのが現実でした。體育會に限らず、秋に忙しい人には参考になるかと思います!

2つ目はゼミの内容ですね。特にやりたいこともなかったので、学問に関しては広く見ていました。

ただ、せっかくゼミに入るなら大学の授業では得られないことがいいな〜と思っていました。

そんな時に応用経営学で「プレゼンテーション!!!」っていう文字が目に入ってきまして、、

これだ!と最後は直感で決めました。

谷口ゼミの魅力

メリハリをつけてスマートにできるのが谷口ゼミの1番の魅力だと思います。

勉強やプレゼンだけじゃなくて、ソフトボール大会も遊びも真剣に。他のゼミでもよく聞く言葉かもしれませんが、どっちも楽しくというニュアンスとは少し違います。しっかり学ぶから成長を実感することもありますし、遊びや飲みもあるからプレゼンは個人ベースでもまとまりをもってできています。そして、伝えるべきフィードバックは言うし、良かったら褒め称えるというのも簡単なようでできないことなのでこれも真剣にやっていることの表れかなと感じます。

本当はもっと伝えたいことはありますが、書ききれないので直接聞いてください。笑

2年生へ

自分の目で見て、肌で感じて、最後は直感で選んでみて欲しいです。個人的にはオープンゼミに行くことをオススメします。ゼミ員の雰囲気や扱っている内容、そこに来る同期になるかもしれない人たちの雰囲気を見て真剣にゼミを考えれば最後は直感で決まると思います!三田生活の2年間が決まると思うので悔いのないよう頑張ってください!!

たいようありがとう!パプアの戦闘民族の血を受け継ぐ彼の素晴らしいところは何と言ってもそのくっきり二重です。見ていて全く飽きません。野球とゼミを掛け持ちできるなんて本当にすごいです。もし部活とゼミの兼ね合いで困っている人がいたらたいようくんに聞きましょう!

さて、ついに次週に迫ったオープンゼミ!準備はできていますか!私たちもラストスパートで最高のものを作り上げるので是非!楽しみにしていてください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly